スーツの男性

web会議システムによるコスト削減|ITを駆使した対話方法

情報発信の新しい方法

男女

企業が自社製品の情報提供やノウハウを伝える手段としてよく活用されるのがセミナーです。特に有名な企業であれば参加人数の数も確保しやすく、有料セミナーを行なえば収益確保を狙うこともできます。ですが、このようなセミナーは都心部で行なわれることが多く、地方の企業や顧客が参加するのは難しいです。そこで、インターネット活用した新しいセミナーの方法が登場しました。それがウェビナーという方法なのです。webとセミナーを融合させた言葉で、BtoBのマーケティング手法として多くの企業に採用されています。インターネットの動画配信サイトなどを使って行われるウェビナーは、配信を行なう企業側と配信を視聴する側の双方にメリットをもたらす方法なのです。
セミナーなどを運営する場合は会場のレンタル費用や、椅子と机の設置費用、そして労力が必要になってきます。ウェビナーはマイクとカメラさえ用意できればコスト無し情報発信を行なうことができるので、経費削減にも繋げることができます。また、店員の上限を気にすることなく運営ができるので、呼び込みも行ないやすいです。視聴側も焦ることなく活用でき、得たい情報を効率的に集めることができます。ウェビナーは配信側の情報発信だけでなく、視聴者側からコメントをリアルタイムで集めることできるので、双方でコミュニケーションを図ることができます。これにより視聴者が求めている情報をリアルタイムで知ることが可能です。